新成人の集い「責任感じる」 富山市9会場で開催 

2021年1月10日 05時00分 (1月10日 11時28分更新)
式典に出席した新成人ら=富山市大手町の富山市民プラザで

式典に出席した新成人ら=富山市大手町の富山市民プラザで

  • 式典に出席した新成人ら=富山市大手町の富山市民プラザで

県内は中止相次ぐ

 「成人の日」(十一日)を前に新成人の集いが九日、富山市内の九会場で開かれた。豪雪の中、出席者はあでやかな振り袖やスーツ姿で式典に臨んだ。
 富山市民プラザの式には芝園小学校の卒業生ら約八十人が出席。代表して星野航輝さんが「責任の重さを感じる。友人や地域とのつながりがあって成長することができた」と感謝の言葉を述べた。森雅志市長の「時代の変換期に果敢に立ち向かい、新しい時代を切り開いて」との祝電が披露された。
 市内では豪雪の影響で九日の神明地区、十日の呉羽地区と長岡地区の式は中止になった。
 県内の自治体では砺波市が予定通り十日に開催。朝日町も予定通り十日だが、開始を一時間遅らせて午前十一時から開く。十日に予定されていた高岡市、氷見市、上市町、舟橋村などは中止。射水市、魚津市、黒部市、入善町は延期。開催の日程は未定。

関連キーワード

PR情報

富山の新着

記事一覧