本文へ移動

電撃トレード沢村拓一は勘付いていた! 上原浩治さんに裏話明かす

2021年1月8日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(右から)上原浩治さん、沢村拓一

(右から)上原浩治さん、沢村拓一

 元メジャーリーガーの上原浩治さん(45)が投稿したYouTubeの動画に、ロッテからメジャー挑戦を表明している沢村拓一投手(32)が登場。昨年9月にあった巨人からロッテへの電撃トレードの裏側を語った。
 沢村は「2軍や3軍で投げている時にパ・リーグの編成の人が多かった」と自身がトレードされる可能性を視野に入れながらプレーしていたことを告白。「日本ハム、西武、楽天はすごく見に来ることが多かった」と、視察に来ていた球団も把握し、想定していたという。しかし実際にトレードが成立したのはロッテ。その視察には気づかず、意外なトレード先であったことも明かした。
 ロッテで活躍できた理由について、「ジャイアンツにいた時は正直チームのことをあまり考えていなかった。ロッテに行ってからチーム全体を考えるようになってから成績が良くなった」と意識の変化を語り、自身の視野が大きく広がったトレードになったと振り返った。上原さんも「100点満点のトレードだった」と新天地での後輩の活躍に頬を緩めた。
 本人の口から語られたトレードの裏側に、ファンからは「トレードって雰囲気で気づくのか」と驚きの声や、「やはり沢村は自信が出てきた」と表情からも成長を実感するコメントが寄せられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ