本文へ移動

中日から戦力外の小熊凌祐が引退「やり切った思い。悔いはない」今後は打撃投手兼記録ビデオ担当に

2021年1月8日 18時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年12月7日の12球団合同トライアウトで投球する小熊凌祐

昨年12月7日の12球団合同トライアウトで投球する小熊凌祐

 中日の小熊凌祐投手(30)が8日、現役を引退することを表明した。小熊は昨オフに戦力外通告を受けた後、12球団合同トライアウトを受けたが、ユニホームを脱ぐ決意をした。小熊は「やり切った思いです。悔いはないです。活躍できなかったですけど、応援してくださったファンの方には感謝したい」と語った。今後は球団の打撃投手兼記録ビデオ担当となる。「チームのために支えていけるようにしたい」と意気込みを語った。
 小熊は近江高から2008年のドラフト6位で入団し、通算90試合で12勝13敗、防御率5・03だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ