本文へ移動

菅首相、東京五輪開催へ強い意欲「安全、安心な大会を」予防接種で「国民の雰囲気も変わるのでは」

2021年1月7日 18時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
菅首相

菅首相

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、菅首相は7日、特措法に基づく緊急事態宣言の再発令を発表した。午後6時に始まった記者会見では、昨年から1年延期された東京五輪の開催に対する疑問の声が国内で広がっていることについて質問され、「感染対策を万全にして、安全、安心な大会を実現したい」をあらためて開催に向けた強い意欲を示す一方、「今はコロナ対策に全力で取り組みたい」と国民感情を意識しながら慎重にコメントした。
 この日、東京都で2447人、全国でも7000人以上の感染者が確認され、いずれも1日あたり過去最多を更新した。東京五輪開催に向けた影響を聞かれた菅首相は、「感染対策の具体策は東京都、組織委員会と各省庁で現在詰めているところ。IOCのバッハ会長と昨年会談したときに東京五輪は必ず実現することで一致している。また、東京都と組織委員会、IOCで連係しながら進めていくんだろうと思っている」と開催都市の東京都と組織委員会に対策を預けた。
 その上で、「私としては、世界で(ワクチン)接種が始まっている。日本でも2月の下旬までには予防接種したい。こうしたことをしっかり対応していくことで、国民の雰囲気も変わってくるのではないかと思っている」とワクチンの効果が出ることで東京五輪開催に対する国民の理解を得られるとの認識を示した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ