本文へ移動

<お宝発見!> (3)ハチ博物館の巨大な蜂の巣

2021年1月7日 05時00分 (1月7日 14時36分更新)
巨大な蜂の巣と富永さん。下の蜂の巣が通常の大きさ=中川村のハチ博物館で

巨大な蜂の巣と富永さん。下の蜂の巣が通常の大きさ=中川村のハチ博物館で

  • 巨大な蜂の巣と富永さん。下の蜂の巣が通常の大きさ=中川村のハチ博物館で
  • 松の枝振りのようにみえる蜂の巣。女王蜂27匹、働き蜂13万〜15万匹による作品=中川村のハチ博物館で
  • 富永朝和さん=中川村のハチ博物館で
 直径二・二五メートル、高さ二・七メートル。周囲六・六メートルもある蜂の巣。「ハチと会話ができる」というほど精通した中川村のハチ研究家富永朝和さん(82)が、スズメバチの女王蜂百十四匹と働き蜂五十万匹を共同作業するよう誘導し、二年がかりで完成させた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧