本文へ移動

菜の花と烏山椒製、2種類の蜂蜜酒を限定販売 田原・平野酒店

2021年1月7日 05時00分 (1月7日 11時32分更新)
新しく発売したミードを紹介する鈴木さん(左)と平野さん=田原市加治町で

新しく発売したミードを紹介する鈴木さん(左)と平野さん=田原市加治町で

 田原市の新たな名産品にしようと四年がかりで開発してきた「鈴木養蜂園」(同市加治町)の蜂蜜を使った蜂蜜酒(ミード)が昨年十二月に発売された。共に準備に奔走してきた「マルシメ平野酒店」(同市田原町)で、ナノハナ(菜の花)とカラスザンショウ(烏山椒)の花の蜜それぞれから造ったミード計三百本を限定販売。今後は市内の道の駅での販売やふるさと納税の返礼品を目指す。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧