本文へ移動

【福井】県内で14人が感染 過去2番目の多さ

2021年1月7日 05時00分 (1月7日 11時47分更新)
 県は六日、東京都、小浜市、敦賀市、坂井市、若狭町の十歳未満から八十代の男女計十四人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での新規感染者の確認は三日連続で、累計は三百七十六人となった。一日で十四人の感染確認は、昨年八月二十八日の十六人に次ぐ過去二番目の多さ。
 昨年十二月三十日に小浜市に帰省した東京都の三十代の男性会社員が発症したのを発端に、五十代の自営業女性など親族ら計五人の陽性が分かった。このうちの六十代男性について、市議会事務局は佐久間博市議と明らかにした。さらに、五十代の自営業女性と食事した敦賀市職員の三十代女性、敦賀高校教員の五十代男性ら計六人の陽性も分かった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報