本文へ移動

<ともに愛知から> (2)災害ボランティア

2021年1月6日 05時00分 (2月2日 15時48分更新)
活動報告のパネルを手に「もし自分が被災者だったら、と考えてみることが大事」と話す赤池さん=春日井市上条町5の事務所で

活動報告のパネルを手に「もし自分が被災者だったら、と考えてみることが大事」と話す赤池さん=春日井市上条町5の事務所で

 震災直後の二〇一一年四月、ボランティアとして訪れた宮城県東松島市で、被災者の女性から言われたひと言が、今も赤池博美さん(50)=春日井市上条町=が活動を続ける原点となっている。「あんたたちは帰ったら仕事があるからいいよね。私の仕事はなくなったのに」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧