本文へ移動

ちょっと早めの授業再開 福井の小中学校

2021年1月6日 05時00分 (1月6日 09時39分更新)
書き初めやドリルなどの宿題を担任に元気よく見せる児童ら=5日、福井市清明小学校で(山田陽撮影)

書き初めやドリルなどの宿題を担任に元気よく見せる児童ら=5日、福井市清明小学校で(山田陽撮影)

 二学期制の福井市内の小中学校で五日、授業が再開した。新型コロナウイルス感染症対策で昨春に臨時休校した影響で冬休みは短縮され、例年より早く再開。子どもたちは新年への期待を胸に学校生活をスタートさせた。
 同市清明小学校では全校集会は実施せず、児童たちは各教室で、菅野博校長の新年の講話を校内放送を通して聞いた。
 菅野校長は「一日一日を大切にして今できることに取り組み、感染対策をしっかりしてみんなでがんばりましょう」と諭した。その後、児童たちは冬休みの宿題を提出。ドリルや書き初めなど自信満々の成果を先生に見せていた。
 佐津川彩望(いのり)君(9つ)は「学校で友達と遊べるのがうれしい」と授業再開を喜び、渡部美弥乃(みやの)さん(10)は「お年玉でおもちゃを買ったことが思い出に残っている」と冬休みの生活を振り返った。 (堂下佳鈴)

関連キーワード

PR情報