本文へ移動

ニジマスお手軽 岐阜・日本ライン漁協の放流釣り場

2021年1月5日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
足場が良く、冬場でものんびり楽しめる放流釣り場

足場が良く、冬場でものんびり楽しめる放流釣り場

 2021年となってもう5日。初釣りには行かれただろうか? まだという人に手軽な放流釣り場をご紹介−。岐阜県坂祝町酒倉にある日本ライン漁協が主催するマス釣り場だ。一色大橋下流左岸にある木曽川支派川にできた湧水池を利用して作った釣り場で足場が良く、ニジマスが餌やルアー・フライで狙え、家族連れでのんびり楽しめる。
 漁協は、正月に40〜50センチの大物ニジマスをサービス放流した。すべてが釣り切られるはずもなく、居残った大物狙いにも期待が持てそうだ。通常の放流は、1日券1人につき20〜30センチのニジマス1キロ。午前10時と午後2時に、人数分を換算して行われる。2月からはアマゴ・シラメ(ギンケ)の放流もするという。
 釣り時間は、午前8時に受け付けを開始〜午後4時まで。無休。3月末までの営業予定だが、増水具合によっては早期に終了する場合もある。料金は1日券一般・女性3000円、高校生2000円、小・中学生1000円。半日券は2000円(小中高生の設定なし)。無料駐車場、簡易トイレあり。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ