フォークリフトにひかれ女児死亡 滋賀・守山市、父親が運転し姉重傷

2021年1月4日 22時41分 (1月5日 00時15分更新) 会員限定
女児を前方の積載部分に乗せていたフォークリフト=4日夜、滋賀県警守山署で

女児を前方の積載部分に乗せていたフォークリフト=4日夜、滋賀県警守山署で

  • 女児を前方の積載部分に乗せていたフォークリフト=4日夜、滋賀県警守山署で
 4日午後3時15分ごろ、滋賀県守山市荒見町の中古車販売会社の駐車場で「フォークリフトに子ども2人が巻き込まれた」と、2人の父親で同社経営の田家靖之さん(42)=守山市二町町=が119番した。小学1年の梨名さん(6つ)が搬送先の病院で死亡し、小学5年の姉(10)が重傷。
 守山署によると、子ども2人は荷物を載せるフォーク部分に乗っていた。靖之さんがフォークリフトを旋回させて遊んでいる間に振り落とされ、ひかれた。フォークの長さは2・5メートルで、幅が15センチ。2つのフォークを閉じた状態で2人を乗せていた。
 販売会社は4日、休みだった。靖之さんも搬送されたが、けがはなかった。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧