本文へ移動

感染収束へ狙い定め 愛知県護国神社で「弓始」

2021年1月5日 05時00分 (1月5日 11時14分更新)
真剣な表情で的に向かって矢を射る参加者=名古屋市中区三の丸の県護国神社で

真剣な表情で的に向かって矢を射る参加者=名古屋市中区三の丸の県護国神社で

 新年の弓の上達を願う稽古始めの「弓始(ゆみはじめ)奉射会」が四日、名古屋市中区三の丸の県護国神社境内であった。県弓道連盟の会員をはじめ高校生から八十代まで約百四十人が参加した。
 境内に設けられた特設弓道場は、的まで二十八メートル。参加者は真剣な面持ちで弓を引き絞り、直径三十六センチの的を目がけて二射ずつ矢を放った。参加者の中には、白い道着に交じって振り袖にはかまを着けた高校生六人の姿も。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報