本文へ移動

斬られ役の達人 福本清三さん死去 77歳、肺がん 時代劇で半世紀にわたり活躍…「ラストサムライ」にも出演

2021年1月4日 18時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
福本清三さん

福本清三さん

 時代劇の斬られ役として活躍した俳優福本清三(本名・橋本清三)さんが1日午後5時26分、肺がんのため京都市内の自宅で死去した。77歳。兵庫県出身。東映が4日、発表した。葬儀は故人の遺志で家族葬で執り行われた。
 1958年、東映京都撮影所に入所。以来映画、テレビの時代劇で「斬られ役」として活動を続けてきた。2003年公開のトム・クルーズ主演の映画「ラストサムライ」に日本人キャストとして抜てき、寡黙な武士を演じ、強い印象を残した。
 斬られ役という存在感でドキュメンタリー番組に取り上げられたほか、04年には日本アカデミー賞協会特別賞など映画賞多数を受賞した。一昨年公開の映画「GOZEN 純恋の剣」「108~海馬五郎の復讐と冒険~」などに出演していたが、最近は病気療養中だったという。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ