本文へ移動

<2021年の地方選展望> 誰に託す 県内16自治体で首長選

2021年1月1日 05時00分 (1月4日 12時50分更新)
 県内の自治体では2021年、16市町で首長が任期満了を迎え、選挙が行われる。議員選は3市町である。ウィズコロナの新しい生活様式が求められる中、暮らしを守り、地域振興を図る旗振り役を誰に託すのか。各首長選を展望する。

名古屋市 現職、出馬明言せず

 現職の河村たかしさん(72)は四期目に向けた態度を明らかにしていない。昨年十二月の定例会見では「南無阿弥陀仏」と決まり文句でけむに巻いた。
 市議会最大会派の自民は昨年末、調整してきた中央官僚擁立を断念。「民主、公明と三会派で連携して推せる人」との観点から改めて、候補を選定する。渡辺義郎団長は「できるだけ早く河村市政への対立軸を示したい」と語る。
 民主の服部将也団長は「現状を変える選択肢となる候補者を三党連携で選びたい」と話し、自民と足並みをそろえる構え。公明の沢田晃一幹事長も「三党で連携した擁立も模索していきたい」としている。
 共産党県委員会の石山淳一書記長は「市民と野党の共闘を第一に候補者選定を進めたい」と話している。ほかに市民団体役員の尾形慶子さん(63)が無所属で出馬する意向を示している。

西尾市 現職が再選出馬へ

 六月十三日告示、二十日投開票され、市議選とのダブル選になる。現職で一期目の中村健さん(41)が昨年十二月の市議会で立候補を表明した。対抗馬を模索する動きはあるが、擁立までには至っていない。
 選挙戦になれば、中村さんが進めてきた民間資金活用による社会資本整備(PFI)事業の見直し問題の是非が争点となりそう。見直しを進める市と事業を担う業者側の溝は深く、解決への糸口すら見えていない。問題で抱えた訴訟も計六件と多いが、中村さんは「引き続き粘り強く取り組んでいきたい」と話す。

東海市 前副市長が出馬へ

 四月十八日告示、二十五日投開票される。五期二十年、市政を担ってきた現職の鈴木淳雄さん(75)は、昨年十二月の市議会で引退することを明らかにした。
 後継として、前副市長の花田勝重さん(62)が、昨年十二月に立候補することを表明している。市の都市建設部長を務め、鈴木さんの重要施策であった名鉄太田川駅周辺などの市街地整備を担当してきた花田さんは、「鈴木市政の継承」を訴えて選挙に臨む。
 他に立候補を表明している人はいないが、選挙戦になれば、市政の継承か刷新かが焦点になる。

半田市 2新人一騎打ちへ

 五月三十日告示、六月六日投開票される。県議の堀崎純一さん(66)と市議の久世孝宏さん(46)がともに無所属で出馬を表明。議員歴計三十年の実績をアピールする堀崎さんと、若さと実行力を訴える久世さんの一騎打ちとなる見通し。
 二〇二一年は第七次市総合計画の初年度であることから、医療や福祉、教育など生活に密接したテーマが争点となりそう。また、両者とも新型コロナウイルス対策に言及。堀崎さんは「生活に密着した予防や経済施策」、久世さんは「商工会議所との協働による雇用創出」を訴えている。

知多市 現職の動向が焦点

 現職で二期目の宮島寿男さん(72)を含め、立候補を表明した人はおらず、宮島さんの動向が焦点となる。
 県職員出身の宮島さんは過去二回の選挙で、幅広い団体の支援を受けて圧勝。産業振興や防災などに取り組んできた。重要施策の名鉄朝倉駅周辺整備事業は、新型コロナウイルスによる税収減を背景に、昨年五月の予定だった事業者公募を、二〇二三年度末まで延期することを決めている。

清須市 擁立模索の動きも

 現職で一期目の永田純夫さん(66)は「公約を実現するのに一生懸命で白紙状態」と態度を明らかにしていない。ほかに立候補を表明した人はいないが、候補者を模索する動きもあり選挙戦になる可能性がある。
 永田さんは前回、当時の市長の後継として出馬。治水・雨水対策の強化や火葬場建設などを公約とした。減税日本の推薦を受け、名古屋市との合併を主張する元市議との争いを制した。

新城市 現職は進退を保留

 十一月の任期満了までまだ時間があることもあり、現職で四期目の穂積亮次さん(68)は進退を明らかにしていない。
 現市政を一定程度評価する層には、現職が不出馬の場合に立候補を目指す動きがある。一方、批判層は、現職の動向にかかわらず候補者擁立の可能性を探っている。
 このほか、市出身者が出馬への意欲を否定していないとの情報もある。

高浜市 現職の出馬有力か

 現職で三期目の吉岡初浩さん(65)は進退を明らかにしておらず、他に立候補を表明した人もいない。
 吉岡さんの四選出馬を有力視する声が多いが、本人は「新型コロナウイルス対策とコロナの影響で延期となっている市制五十周年の記念事業に注力したい」と話すにとどめている。
 市が推進する公共施設複合化計画に批判的な市民団体もあり、前回は選挙戦の争点となった。

みよし市 目立った動きなし

 現職で二期目の小野田賢治さん(69)は「(三選出馬は)まだ考えていない」として態度を明らかにしていない。ほかに目立った動きもない。
 小野田さんは、市教育長だった二〇一三年、市議会の主要三会派の要請を受けて立候補し、無投票で初当選。一七年も無投票で再選した。

岩倉市 現新2人立候補へ

 一月十七日告示、二十四日投開票される。現職の久保田桂朗さん(59)が再選を目指し立候補を表明している。久保田さんは元副市長で、前回は前市長の後継として無投票で初当選した。教育環境の充実や健康増進事業、企業誘致などを公約に掲げる。
 これに対し、新人で広告代理業の塚崎海緒さん(40)も出馬を表明。子育て世代や生活困窮者への支援を掲げ、公立保育園の統廃合阻止や、少人数学級の実現を訴える。
 八年ぶりに選挙戦となる見通しで、現職の信任を問う形となりそうだ。

愛西市 現職3選出馬表明

 四月十一日告示、十八日投開票される。現職の日永貴章さん(47)は、昨年十二月の市議会で、三選を目指して立候補すると表明した。共産系の候補も出馬準備を進めており、選挙戦となる公算が大きい。
 日永さんは元市議。前回は共産推薦の無所属新人との一騎打ちを制した。
 「持続可能な愛西市」を掲げ、人口の減少を見据えた行財政改革や、中学生以下の医療費全額無償化など、子育て世代への支援に取り組んできた。「絆を大切にする市の誇りを絶やすことなく、力強く前進していく」と意気込む。

蟹江町 現新2人の争いか

 三月二十三日告示、二十八日投開票される。現職の横江淳一さん(69)と、新人で町副議長の戸谷裕治さん(68)が、ともに昨年十二月の町議会で無所属での立候補を表明。選挙戦となる公算。
 横江さんは新型コロナウイルス対策や子育て支援策の充実、駅を中心とした街づくりの推進を掲げ、五選を目指す。戸谷さんは名古屋市営バスの町内への乗り入れなど、近隣自治体との連携強化による滞留人口の増加を訴える。

武豊町 現職が5選出馬へ

 四月十三日告示、十八日投開票される。現職の籾山芳輝さん(73)が昨年九月の町議会で、五選を目指して立候補することを表明した。ほかに目立った動きはない。
 二〇二二年度に供用開始予定の知多南部広域環境センターや屋内温水プールなどの大型事業が完成することなどを挙げ、「できあがったものをきちんと検証するのが政治家の責任」と述べた。

大治町 具体的な動きなし

 具体的な動きはまだ見られない。前回は現職の村上昌生さん(62)が無投票で再選した。新型コロナ対策のほか、庁内に子どもや親の悩みを聞く相談窓口を設置するなどの子育て支援の充実や、内水対策に継続して力を入れてきた。

設楽町 出馬にらむ動きも

 現職で三期目の横山光明さん(71)は進退を表明していない。ほかに、十月の任期満了を見据えて、出馬への動きがある。
 これまでの町長選の争点となってきた設楽ダムは建設が進み、住民移転も完了。町長選の争点にはならない雰囲気となっている。

大口町 現職の進退は未定

 任期満了が十月と先で、現職で二期目の鈴木雅博さん(66)は進退未定。過去の町長選は、出馬表明が告示直前で、前々回は一カ月前、前回は二カ月前だった。争点としては、築五十年近い庁舎の今後を含め、町の将来像についての取り組みが想定される。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧