本文へ移動

【J1川崎】大分MF小塚和季&松本MF塚川孝輝の獲得が決定的に 名古屋MFシミッチ獲得にも動く

2021年1月3日 10時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大分のMF小塚和季(左、(C)Jリーグ)と松本のMF塚川孝輝

大分のMF小塚和季(左、(C)Jリーグ)と松本のMF塚川孝輝

 リーグと天皇杯を制した川崎が、大分のMF小塚和季(26)、松本のMF塚川孝輝(26)を獲得することが決定的となった。現役を引退したMF中村憲剛(40)、ポルトガル1部・サンタクララへ移籍するMF守田英正(25)の後継候補として白羽の矢を立てた。
 小塚は1・5列目やボランチが本職で、高い技術に支えられたパス配球力が売り。塚川は身長184センチの大型ボランチで、J2で今季29試合出場、9得点。推進力や得点力がセールスポイントで、ヘディングで6得点はJ2で1位。複数の関係者によると、小塚、塚川との交渉は既に大詰めを迎え、さらに名古屋のブラジル人MFシミッチ(27)の獲得にも動いているという。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ