本文へ移動

オレが巨人FA移籍・梶谷の穴を埋める!! 高卒2年目のDeNA森敬斗がリードオフマンに名乗り「チームの原動力になれる選手になりたい」

2021年1月3日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAの森敬斗

DeNAの森敬斗

 2年目を迎えるDeNAの森敬斗内野手(18)が、東京五輪の金メダル獲得を目指す侍ジャパンの一次登録リストに名を連ねた。昨季終盤のプロ初打席でフェンス直撃の二塁打。次代を担う逸材の成長に高い期待が寄せられている。
 侍ジャパンは昨年末のスタッフ会議で180人超をリストアップした。稲葉監督は「少しでも可能性がある選手は選んだ」と説明。異例とも言える選出に期待度が見て取れる。
 森は神奈川・桐蔭学園高から2020年にドラフト1位で入団し、昨年10月27日の巨人戦(横浜)でデビュー。代打でビエイラの154キロの直球を捉え、左翼フェンス直撃の二塁打とした。8試合に出場し、12打数3安打。1年目から確かな足跡を刻んだ。
 昨年末には「打率が高く、盗塁もできてチームの原動力になれる選手になりたい」と決意表明。梶谷が抜けた「1番」にも名乗りを上げた。オフは筋力アップと盗塁のスタート技術向上に励む。21年を飛躍の年にする腹積もりだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ