旅館で男女30人が食中毒 伊豆の国

2021年1月3日 05時00分 (1月3日 05時01分更新) 会員限定
 県東部保健所は二日、伊豆の国市中の旅館「一句石(いっくいし)」の仕出し料理を食べた伊豆の国、三島、伊豆市と函南町の十〜六十代男女三十人が下痢や発熱などの症状を訴え、患者や旅館の調理従事者の便から、ノロウイルスを検出したと発表した。全員が、快方に向かっているという。県は旅館の調理部門を、二日から当分の間、営業禁止とした。
 保健所によると三十人は昨年十二月二十五日、自宅などで旅館が調理した幕の内弁当などを食べた。翌日午後一時ごろから、症状を訴える人が出始めた。
 調査で患者二十二人と旅館の調理従事者七人の便からノロウイルスを検出。保健所は旅館の料理が原因と断定した。旅館は今月一日から営業を自粛している。

関連キーワード

PR情報