本文へ移動

水中から「謹賀新年」 晴れ着姿ダイバー登場 のとじま水族館 

2021年1月3日 05時00分 (1月3日 05時03分更新)
子どもと記念写真に納まる振り袖姿のダイバー

子どもと記念写真に納まる振り袖姿のダイバー

  • 子どもと記念写真に納まる振り袖姿のダイバー
  • 正月にちなんで展示されている生きもの=いずれも七尾市ののとじま水族館で
 七尾市能登島曲町ののとじま水族館で一日、晴れ着姿のダイバーが登場し、来客と記念写真に納まった。(稲垣達成)
 正月のめでたい雰囲気を演出しようと、真っ赤な振り袖を身にまとった女性職員が「謹賀新年」と書かれた垂れ幕と共に登場。能登近海に生息するブリやタイなど約五百匹が泳ぐ中、手を振ったり、水槽越しに客とハイタッチしたりした。
 ダイバーに会いに来たという白山市美川今町の柴田紗良ちゃん(6つ)は「(職員は)疲れそうだと思ったけど、かわいかった」と笑顔。四月から小学生になるといい「今年はお勉強を頑張りたい」と語った。
 水族館では正月関連の企画を開催中。職員がズワイガニやゴンズイなど二十種の生きものをイカスミで漢字表記した書き初め作品のほか、干支(えと)の丑(うし)にちなみ「ウミウシ」などの生きものを展示している。三日は先着百人に笑うアザラシやアシカが印刷されたカードがプレゼントされる。三日まで中学生以下無料。(問)のとじま水族館0767(84)1271

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧