本文へ移動

17年以来の『4人SMAP』 稲垣、草なぎ、香取の番組にオート森且行選手が出演「ツヨポンおめでとう」

2021年1月1日 15時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛

(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛

 元SMAPのメンバーで「新しい地図」の稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(43)が1日、インターネットテレビ局・ABEMAの「7.2 新しい別の窓 元日スペシャル」に生出演し、元SMAPでオートレーサーの森且行選手(46)が出演した。
 番組内では、稲垣、草なぎ、香取が、森が昨年11月に開催された「SG第52回日本選手権オートレース」での優勝についてトーク。4人の共演は2017年11月4日放送の同局の特番「72時間ホンネテレビ」以来。その際には浜松オートレース場に新しい地図の3人が訪れたが、今回は森選手が3人の番組に出演した。
 スーツにネクタイ姿の森選手が登場すると、紋付きはかま姿の3人は感無量の面持ちで、香取は「優勝おめでとう。日本一!」と祝福。草なぎは昨年12月30日に一般女性と結婚したことを発表したが、森選手は「ツヨポンおめでとう!」と祝福。しかし、再会で胸がいっぱいの草なぎは「ありがとう」としか返せず、森をじっくり見ると「森くん、足長いね。ここまで足長い人いない」と、スタイルの良さを絶賛した。
 4人で鏡開きを行い、森選手の優勝を祝福。VTRで森選手の日本一までを振り返ると香取は涙をぬぐった。バイクに詳しい草なぎは専門用語を交えて森選手の胸中を代弁。森選手は「取れると思ってなかった。40過ぎてからは厳しいと思ってた」と本音。「ゴールしたぐらいから放心状態でしばらく記憶がなかった」と優勝後を振り返った。また、「あの時、みんなが来てくれたら、落ち着いてレースができるようになった」と17年の4人での共演後のレースに臨む心境の変化を明かした。その後、森選手と3人がそれぞれ2ショットトークを繰り広げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ