本文へ移動

純烈、サブちゃん超えた!! リモート握手8000万回超えで大量の紙吹雪乱舞【紅白歌合戦】

2021年1月1日 00時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第71回NHK紅白歌合戦

第71回NHK紅白歌合戦

◇31日 第71回NHK紅白歌合戦(東京・NHKホール)
 出場3回目の男性4人組歌謡コーラスグループ「純烈」は「愛をください~Don't you cry~」を白地に赤いハートマークをあしらった派手な衣装で披露した。
 今年の彼らがコロナ禍のためファンと生の触れ合いができなかったことから、歌唱に合わせた「リモート握手」の企画が展開された。全国の視聴者にテレビのリモコンの「決定」ボタンを押してもらい、その回数が500万回、1000万回を超す度にステージに紅白の花が乱舞するというもの。
 「1000万回行くか」の声で始まったところ画面の数値はあっという間に1000万回を超え、ステージのメンバーたちが見えないほどの花が舞った。最終的には8000万回を超えた。
 メンバーからは興奮ぎみに「北島三郎さんを超えた」と、かつての紅白で北島三郎(84)の歌唱中に大量の紙吹雪が舞い、北島の口に入るほどだった伝説のシーンを超えたと指摘する声があがった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ