本文へ移動

優勝の平高奈菜、01スタートも焦らず1マーク「100点ターン」で一気に決着【ボートレース・クイーンズクライマックス】

2020年12月31日 19時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
クイーンズクライマックスで優勝し表彰式でティアラを頭に笑顔を見せる平高奈菜

クイーンズクライマックスで優勝し表彰式でティアラを頭に笑顔を見せる平高奈菜

◇31日 ボートレース「第9回クイーンズクライマックス」(プレミアムG1・浜名湖)
 渾身(こんしん)の踏み込みで優勝を勝ち取った。平高奈菜(香川)がインからコンマ01のSで逃げ切った。ひやりとするSだが、「焦りもなかったし、体を起こしただけで全速」と本人は至って平気。6号艇の遠藤が前付けにきても慌てることなく、マイペースでインに入り、1マークは「100点のターン」を決めて、他艇に突け入る隙を与えず、一気に決着をつけた。
 いつでも取れそうで、なかなか取れなかったG1の優勝をついに勝ち取った。表彰式で光り輝くティアラを頭にかぶせてもらっても「キャラじゃないし、まだ実感が湧かないです」とほほ笑んだ。
 だが、ここまでの道のりは決して平たんではなかった。6月にけがを負い、レースから1カ月以上遠ざかった。8月にレース復帰してからも、なかなか調子を取り戻すことができず苦しんだが、11月の蒲郡・レディースチャレンジCや前節の児島・一般競走でベスト6入りを果たして、徐々にリズムアップ。地道に努力してきた成果が浜名湖で花開いた。
 コロナ禍もあって、ボート界も大きな影響が出た2020年だったが、平高は「ファンが笑ってくれるのが好き。水上パレードで多くのファンの人に手を振っていただいて、うれしかったですね。2021年はもっと大きなところを勝てるように頑張りたい」と意欲を見せる。女子選手の頂点に立ち、次は男子混合の周年記念やさらにはSGへ。記念戦線でも活躍できることを誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ