本文へ移動

小島瑠璃子「鳥肌がたちました」 井岡・恒成戦に思わず… フォロワーも感激「こじるり最高」

2020年12月31日 19時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島瑠璃子

小島瑠璃子

◇31日 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ(東京・大田区総合体育館)
 日本男子初4階級制覇の王者井岡一翔(31)=Ambition=が、前WBOフライ級王者の挑戦者・田中恒成(25)=畑中=に8回TKO勝ちした。井岡の戦績は28戦26勝(15KO)2敗。
 試合後、格闘技好きとして知られるタレントの小島瑠璃子(27)が自身のツイッターを更新。「井岡選手、田中選手の素晴らしい試合をみていい年越しが出来そうです 鳥肌がたちました。ありがとうございました」とつづった。
 フォロワーからは「こじるり、最高!これからも、ボクシングの魅力を発信してくだせぇ」や「同感です」といったこじるりと同様に感激したというコメントが並んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ