本文へ移動

成人T細胞白血病で闘病中の北別府学さんが退院 「先生方の治療のお陰で悪化することなく」

2020年12月31日 17時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北別府学さん

北別府学さん

 元広島エースで成人T細胞白血病で闘病中の北別府学さん(63)が31日、自身のブログを更新し、退院したことを明らかにした。当初は一時退院するとみられていたが、「一時退院ではなく退院でした!」と報告し、「先生方の治療のお陰でGVHDが悪化することなく退院の運びとなりました。皆さんにもご心配をいただきましたが地に大晦日を自宅にて過ごしています」とつづった。
 北別府さんは23日のブログで、「成人T細胞白血病は寛解したとの事ですが、順調な事ばかりではありません 移植のものに起こるGVHDという症状により再入院しました」と伝えていた。GVHD(移植片対宿主病)は、同種移植後の特有の合併症だという。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ