本文へ移動

LiSAが感謝のコメント「『炎』という楽曲を通じて…責務を全うできれば」最後は座右の銘「今日もいい日だっ!」で結ぶ

2020年12月30日 23時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本レコード大賞を受賞した「炎」を熱唱するLiSA=(c)TBS

日本レコード大賞を受賞した「炎」を熱唱するLiSA=(c)TBS

 第62回日本レコード大賞を「炎(ほむら)」で受賞したLiSA(33)が30日夜、受賞コメントを発表した。
 LiSAは「『炎』という楽曲を歌う機会をいただけたこと、そしてたくさんの方に、この楽曲を愛してもらえていることを、うれしく思います」と感謝の意を示した。
 さらに「今日はこのような形でわたしが受賞させていただいておりますが、作曲と、そして作詞をともにしてくださった梶浦由記さんはもとより、原作『鬼滅の刃』という作品を生み出された吾峠呼世晴先生、編集部の皆さま、ufotableをはじめとするアニメーション制作に関わられたすべてのスタッフの皆さま、デビューよりわたしを支え続けてくださったアニプレックス、ソニーミュージックのスタッフの皆さん、この場では言い切れないくらいの、本当に多くの方のお力、そして想いの先に、きょうという日もあったのだと考えます」と重ねた。
 そして「作中、煉獄さんの言葉にもありましたが、この『炎』という楽曲を通じて、これまでも、そしてこれからも、わたしはわたしの責務を全うできれば、と願うばかりです。この度は本当に、ありがとうございました。今日もいい日だっ!」と結んだ。
 ♥LiSA(リサ) 1987(昭和62)年6月24日生まれ、岐阜県出身。2010年アニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカルに抜てき。11年ミニアルバム「Letters to U」でソロデビューし、人気アニメの主題歌を担当。19年4月に配信開始した楽曲「紅蓮華」が大ヒットし、第70回NHK紅白歌合戦に初出場。座右の銘は「今日もいい日だっ。」。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ