本文へ移動

嵐がレコード大賞初出演…第1章あと1日で松本潤らがファンに感謝「これからも前を進んでいこうと思う」

2020年12月30日 22時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所

 今年いっぱいで活動を休止するアイドルグループ「嵐」が「特別栄誉賞」を受賞し、「輝く!日本レコード大賞」に初出演した。同賞は日本レコード大賞実行委員会が、長年にわたる活躍で広く大衆の支持を得て、音楽文化の発展に多大な貢献をもたらしたアーティストに贈る賞として今年新設された。
 受賞の喜びについて大野智(40)は「信じられないだけです。やっぱり子供の時から日本レコード大賞は知っているし、それプラス特別栄誉賞なんて理解ができないですね」と、あらためて自分たちが21年間残してきた偉大な功績を実感した様子だった。
 グループのターニングポイントを問われると、相葉雅紀(38)は「僕は出ていないですけど『花より男子』ですかね。あれから(主題歌)の『Love so sweet』いい歌だねって言われること多かったし」と、松本潤(37)の主演ドラマを挙げた。続くパフォーマンスで同曲のほか「果てない空」「A・RA・SHI」の3曲をスペシャルメドレーで披露した。
 第1章のラストまでついにあと1日。松本は「少し形は変わりますがこれからも前を進んでいこうと思いますので、これからも嵐をよろしくお願いします」とあいさつ。櫻井翔(38)も「21年間支えていただいた皆さま、本当にありがとうございました。そして栄えある賞もちょうだいしまして胸がいっぱいです。来年以降も僕たち嵐の音楽が胸に耳に響き続けてくれたらなぁと願っております」とファンにメッセージを伝えた。
 31日は「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」と題した生配信ライブを行うほか、NHK紅白歌合戦にも出場。ファンにありったけの感謝を伝えて第1章にピリオドを打つ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ