本文へ移動

「桐蔭学園史上最重量」130キロ田中が相手防御”破壊”しトライショーで大勝【高校ラグビー】

2020年12月30日 20時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、相手タックラーをはねのけて突進する桐蔭学園プロップ田中。後半5分にこの試合最初のトライを決めた=花園ラグビー場で

後半、相手タックラーをはねのけて突進する桐蔭学園プロップ田中。後半5分にこの試合最初のトライを決めた=花園ラグビー場で

◇30日 全国高校ラグビー大会2回戦 桐蔭学園37―0日本航空石川(花園)
 前回王者の桐蔭学園(神奈川)は前半、日本航空石川の留学生2人を前面に出した激しい当たりに手を焼き2PGの6点のみ。それでも焦りはなかった。
 「しんどい試合になるのは分かっていました。PGチャンスがあれば3点ずつ刻んでいくのもプラン通り」とナンバー8佐藤健次主将(3年)。その言葉通り、6―0で折り返した後半は攻撃力が爆発。「桐蔭史上最重量」という体重130キロのプロップ田中が相手防御をこじあけ初トライを決めると、バリエーション豊かに5トライを奪うなトライショーで大勝した。
 それでも藤原監督は「今日はダメな出来だった」と辛口に採点した。次戦はもっと進化した桐蔭学園を見せる覚悟だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ