本文へ移動

大沢たかおが安倍晴明に扮しコロナ禍をはらう…2020年最後の日に初日「未来を照らす明るい光になってほしい」

2020年12月30日 20時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
水干姿の大沢たかお

水干姿の大沢たかお

 俳優の大沢たかお(52)が主演する舞台「INSPIRE 陰陽師(おんみょうじ)」の公開舞台稽古が30日、東京・日比谷の日生劇場で行われた。
 物語は、平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明が、現代に登場したら…という視点で描かれる。陰陽師は森羅万象を読み解き、災いを避け、吉方を示すと言われており、このコロナ禍をはらう願いを込めた作品。
 31日の初日を前に大沢は「12月から稽古を続けて参りました『INSPIRE 陰陽師』、いよいよ明日2020年最後の日である大みそかに“初日"を迎えます。キャスト、スタッフが一丸となって、劇場はもちろんライブ配信でご覧になる皆さま全ての人に、この舞台がほんの少しでも未来を照らす明るい光になればと、思いを込めてお届けいたします」と、言葉に力を込めた。
 公演は同劇場で1月6日まで。(元日は休演)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ