本文へ移動

国学院栃木 金星は強風に… 前回準V御所実を追いつめるも試合終了間際にもトライ許し力尽く 【高校ラグビー】

2020年12月30日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
突破力を誇る国栃ロック佐藤の突進も御所の2人3人がかりのタックルで阻まれる

突破力を誇る国栃ロック佐藤の突進も御所の2人3人がかりのタックルで阻まれる

◇30日 全国高校ラグビー大会2回戦 国学院栃木5―12御所実(花園)
 金星は強風に吹き飛ばされた。前回準優勝の御所実(奈良)に挑んだ国学院栃木は、風下の前半を5―0とリード。後半9分に5―7と逆転されたが、その4分後、ノーマークのWTB青柳潤にロングパスが渡り同点トライ! と思われたのもつかの間、直前のパスがスローフォワードと判定され、トライは幻となった。
 「予想以上に風でパスが(前に)流されました」とSH細谷主将。そこからは徹底してボールをキープする御所実の前にボールを取り返せず、逆に試合終了間際に約40メートルをモールで押し切られてトライを奪われ、力尽きた。
 吉岡監督は「低いタックルで倒さないといけないのに、立ったまま捕まえにいってしまった」と、後半の防御の不徹底を嘆きながら「ウチの強いところで勝負したときにトライを取れなかった。向こうの力が上だった」と潔く相手をたたえた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ