本文へ移動

「少女歌劇団ミモザーヌ」 第1回公演がオンラインで配信で「アブダカダブラ」など12曲を披露

2020年12月30日 19時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 マルチクリエーターで舞台演出家の広井王子(66)が総合演出を務める「少女歌劇団ミモザーヌ」の第1回公演「Begin~始まりの歌~」が30日、オンラインで配信で行われた。

ナンバーに合わせた衣装もばっちり


 最年長のきくたまこと(19)が代表し「このような状況ですので、第1回公演は無観客での配信ライブになりました。ですが、わたしたち少女歌劇団ミモザーヌは、コロナに負けない、愛と勇気と元気を皆さまにお届けいたします」とあいさつ。メンバーは研究生1名を除く、22人が参加した。
 途中の10分休憩ではメンバーの紹介を一問一答形式の映像にし、「アブダカダブラ」「ありがとうございます」など、オリジナル10曲を含む12曲を披露した。間に演じられた「イントロダクション」では今後に続く“歌劇”らしい一面も。最後の3曲は全員で、ミモザの黄色のリボンを胸元に締めた制服姿で、少女らしい笑顔を浮かべた。

制服姿でレビューするミモザーヌ

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ