本文へ移動

【紅白歌合戦】玉置浩二の24年ぶり出場を発表 名曲「田園」を歌唱 順番など詳細明かさず

2020年12月30日 14時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
24年ぶりに紅白に出場する玉置浩二

24年ぶりに紅白に出場する玉置浩二

 NHKは30日、大みそかに放送する「第71回NHK紅白歌合戦」(31日午後7時30分)に歌手の玉置浩二(62)が24年ぶりに出場し、オーケストラとの共演で名曲「田園」を歌唱すると発表した。
 玉置がソロで紅白に出場するのは2回目で、1996年に出場した時も「田園」を歌唱。ロックバンド「安全地帯」としては85年に出場して「悲しみにさよなら」を歌唱している。
 同局は玉置が15年からコンサートでオーケストラとの共演を重ねて大きな話題となっていたことに着目し、紅白への出演交渉を続けてきた。紅白本番でどこに出演するか、どのような演出になるかなどについて同局の加藤英明チーフプロデューサーは「放送を見てのお楽しみです」と詳細を明かさなかった。
 玉置は特別企画としての出場となる。これで今回の紅白は紅組が21組、白組が20組、特別企画が5組の計46組となった。さらなるサプライズ出演者などについて加藤CPは「放送を見てのお楽しみです」と可能性を否定しなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ