本文へ移動

<来月はコレだ!船蝶会釣りもの予報>1月のイチオシを船長に聞く

2020年12月30日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
常磐名物の大判ビラメ。イワシの群れも順調で期待大!

常磐名物の大判ビラメ。イワシの群れも順調で期待大!

 毎月最終水曜日にお届けする「船蝶会釣りもの予報」。今回は1月に向けてです。いろいろな意味で記憶に残る年となった2020年も間もなく終了。いつもとは違う年末年始になりそうですね。来る2021年には一日も早いコロナ収束を願うばかり。いい初釣りをして幸先いいスタートをきりたいですね。除菌やソーシャルディスタンスなど感染防止対策をした上で沖に出て魚と触れ合いましょう。所属船宿、各エリアの船長にイチオシを尋ねたので、釣行の際の参考にどうぞ。

【茨城・千葉】

◆ヒラメ 鹿島新港(茨城・鹿嶋市) 桜井丸

 茨城地区は鹿島新港「桜井丸」の桜井正雄船長。好釣続きのヒラメがメインですか?
 「ヒラメとヤリイカの二本柱でいきます」
 ヒラメは8キロを筆頭に4.8、4.6キロなど良型が続出しています。
 「イワシの群れが入ってきているからね。それをヒラメが食ってる」
 ヤリイカの見立ては?
 「すでに漁船で模様がかなり出ているので期待十分ですよ」
 鹿島沖のヤリはなんといっても型ですね?
 「55〜60センチのパラソル級が狙えますよ。初期は型狙い、その後は数釣りに」
 冬場の釣りの敵はシケ。予報を見ながら釣行日を決めよう!

◆タチウオ 富津港(千葉・富津市) 鹿島丸

 千葉・内房地区は富津港「鹿島丸」の鹿島孝夫船長。
 タチウオですね!
 「秋〜冬が本来の旬です。すっかり夏タチも定着しましたけど」
 冬の特徴は?
 「まず、寒さに負けないこと。狙うタナは、底から10〜15メートル上げ、オモリは40&60号を用意すればOKです」
 夏タチは浅場で初心者に有利でしたが?
 「冬はタナがある程度しぼられてくるので、利点もありますね」
 釣果アップのコツは?
 「タナをしっかり守ること。自分なりの工夫はNG。基本に忠実が重要です」
 不安な人は乗船前に船長のレクチャーをしっかり受けよう!

【東京湾奥】

◆LTアジ 浦安(千葉・浦安市) 岩田屋

 湾奥地区は浦安「岩田屋」の岩田一人(かずひと)船長。LTアジにカワハギ、希望でキスもと多彩な顔ぶれです。
 「1月もそんな感じかな。ただカワハギは浅場ならいいけど、これから深くなるので難しい。ビギナーにはアジがいいでしょう」
 アジは横浜〜本牧沖一帯で一年中、コンスタントに釣れているターゲット。オモリ40号のライトタックルで扱いやすく、ゲストも多彩。味も良しといいことずくめの楽しい釣りだ。たたき、フライ、干物などの定番料理に加えて「酢で締めたのもうまい」と船長。それはあまり聞いたことないので試してみたい!

【横須賀】

◆カワハギ 松輪港(神奈川・三浦市) 成銀丸

 横須賀地区は松輪港「成銀丸」の山田正美船長。秋からずっとイナダが好調ですね。
 「ホントだったら青物はとっくに終わっているの。もう12月になったらやめるのに、今年は珍しいね。なかなか潮温が下がらないから」
 年明けの狙いはどのあたりでしょう。
 「まあカワハギにヤリイカ、マダイかな」
 もっかの状況はどんな具合ですか。
 「カワハギはまあまあ。ヤリイカは潮温が高いから乗ってこないね」
 船長オススメのカワハギの召し上がり方は?
 「まだ腹がパンパンだから肝あえ、なめろうだね」。正月早々、これはお酒が進みそうですね。

【湘南・静岡】

◆タチウオ 平塚港(神奈川・平塚市) 庄治郎丸

 湘南地区は平塚港「庄治郎丸」の大堀耕史船長。新年に“推す”魚はタチウオだ。
 庄治郎丸では餌とルアーで釣り分けている。船長にとってこれはかなり難しいのでは? だが大堀船長は「別に難しいことはないよ。とにかくお客さん同士でおマツリしないように心掛けているだけ」と話し、さらに「きょう(12月25日)の竿頭(10匹)は初めてタチをやった人。こちらの言うことを聞いてくれたら初心者でも釣れるんだ」と驚きの事実を教えてくれた。釣りにおいても素直さは大事だ。
 船長お薦めの食べ方は「天ぷらかフライ」。小骨が多いから、骨をよけておろすのがコツとか。 

◆メダイ 須崎港(静岡・南伊豆町) 稲荷丸


関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ