本文へ移動

乃木坂46・秋元真夏、出場逃した”ライバル”AKB48に言及「しっかり意思を引き継ぐ」【紅白歌合戦リハ】

2020年12月29日 18時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第71回NHK紅白歌合戦のリハーサルを終え、取材に応じる乃木坂46の(左から)秋元真夏、山下美月、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花(代表撮影)

第71回NHK紅白歌合戦のリハーサルを終え、取材に応じる乃木坂46の(左から)秋元真夏、山下美月、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花(代表撮影)

◇29日 第71回NHK紅白歌合戦リハーサル(東京・NHKホール)
 6回目の出場になった乃木坂46。今年は日向坂46、櫻坂46と“坂道シリーズ"の3グループでの競演が実現した。
 AKBグループをけん引してきたAKB48が今年は出場を逃したことに乃木坂46のキャプテン、秋元真夏(27)は「同じ秋元康先生が作って下さったアイドルグループですから、しっかりAKBさんの意思を引き継ぎたい。アイドルとして、見てる方に笑顔を届けるのが使命だと思うので、しっかりその役目を果たしたい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ