本文へ移動

ダルビッシュのトレードに米メディアも騒然…「パドレスによる大胆な襲撃」カブス地元紙は落胆

2020年12月29日 15時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダルビッシュ有(AP)

ダルビッシュ有(AP)

 カブスのダルビッシュ有投手(34)が大型トレードでパドレスに移籍することが両球団で合意されたとの一報に、米メディアも騒然となった。「これはパドレスによる大胆な襲撃だ。今季は2006年以来のポストシーズン進出を果たしたばかりだが、明らかに来年は球団史上初のワールドシリーズ優勝をうかがっている」とは、MLBトレードルーモアズ(TR)。
 一方、カブス地元紙のシカゴ・トリビューン(電子版)は「カブスが3年前、ダルビッシュと6年契約を結んで開かれた王者挑戦への窓は、ごう音とともに閉じられた」と嘆き、MLBTRも「カブスはチーム最高の投手と、質が高いカラティニ捕手を失った。オーナーはコロナ禍の短縮シーズン後に財布のひもを締め、高価なブライアントもトレードの話題になっている」と報じた。
 大リーグ公式サイトは「パドレスはユウ(ダルビッシュ)でツー(スネルと2枚看板)になった」と、駄じゃれで見出しを打ち、「パドレスは球界で最もエキサイティングな球団に急浮上。ダルビッシュとスネルが恐るべき先発ローテに加わる。(3番手が予想される)ラメットもエース級の右腕だ」と報じた。
 ジ・アスレチックは「ダルビッシュはスネル、ラメットとのトリオの中でも最も実績があり、最高クラスの球速と、目がくらむような数の球種を誇る。3人とも他の多くの球団でエースを張れる器で、パドレスは突然も先発投手陣の層が最も厚いチームに様変わりした」と、驚きを伝えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ