本文へ移動

欅坂46→櫻坂46として初出場「改名を知らない方に知ってほしい」【紅白歌合戦リハーサル】

2020年12月29日 13時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リハーサルを終え、取材に応じる櫻坂46の(左から)小林由依、藤吉夏鈴、森田ひかる、山崎天、渡邉理佐

リハーサルを終え、取材に応じる櫻坂46の(左から)小林由依、藤吉夏鈴、森田ひかる、山崎天、渡邉理佐

  • リハーサルを終え、取材に応じる櫻坂46の(左から)小林由依、藤吉夏鈴、森田ひかる、山崎天、渡邉理佐
  • リハーサルに登場した櫻坂46(代表撮影)
◇29日 第71回NHK紅白歌合戦リハーサル(東京・NHKホール)
 櫻坂46は10月に「欅坂46」から改名後、初出場。改名後の初シングル「Nobody's fault」(9日発売)を披露する。
 センターをつとめる森田ひかる(19)は、「今回は、無観客での初めての紅白ということで、少し寂しい気持ちもありますが、見てくれている皆さまに、勇気とか、力強さとか、櫻坂らしさとかをたくさん伝えられるパフォーマンスをしたい」と意気込み。小林由依(21)は、「改名を知らない方がたくさんいると思うので、より私たちのことを知ってほしい」とアピールした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ