本文へ移動

【NFL】連覇へチーフス POでのAFC第1シードに TEケルシー史上初のシーズン捕球数3桁となる『105』

2020年12月28日 21時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
QBマホームズ(AP)

QBマホームズ(AP)

  • QBマホームズ(AP)
  • NFLのシーズン捕球&捕球での獲得距離で新記録をつくったTEケルシー(左)(AP)
 NFLは27日(日本時間28日)、米国内各地で第16週第3日の11試合を行い、スーパーボウル連覇を狙うチーフスは17―14でファルコンズに競り勝ち、今季通算14勝1敗としてプレーオフ(PO)でのAFC第1シードとなった。AP通信など複数メディアが伝えた。
 ここまで4勝のフ軍に苦戦する不本意な展開だったが、残り1分55秒にQBパトリック・マホームズ(25)がWRデマーカス・ロビンソン(26)へ25ヤードTDパスを通して逆転した。
 マホームズは「守備がチャンスをつないで、攻撃は必要な時に点を取れた。いいプレーができない試合でも勝利への道を見いだすのがチャンピオン」と胸を張った。
 この試合では相棒のTEトラビス・ケルシー(31)が7捕球で98ヤードを獲得し、今季通算105捕球、1426ヤードとしてTEとしてのシーズン年間捕球数&捕球による距離新記録を樹立した。シーズン捕球数3桁はNFL史上初の快挙だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ