本文へ移動

【DeNA】1日7食で『豆苗』をゴボウに! 大貫「常におなかいっぱいで気持ち悪いけど…」

2020年12月29日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1日7食で増量に励んでいることを明かしたDeNA・大貫

1日7食で増量に励んでいることを明かしたDeNA・大貫

 DeNAの大貫晋一投手(26)が28日、1日7食で増量に励んでいることを明かした。体の線が細いことからチーム内で「豆苗」と呼ばれる右腕が打ち出したのは「ゴボウ化計画」。細マッチョな体と強くて重い球を手に入れ、今季10勝からの上積みを目指す。
 もう「豆苗」とは言わせない。1日5合の米に卵、鶏肉…。「プロテインも入れたら7回くらい。4時間に1回は食べてる。常におなかいっぱいで気持ち悪いけど、体重は増えてきています」。苦笑交じりでオフの食生活を明かした。
 181センチ、73キロからの増量を図るのには理由がある。「自粛期間に体重が落ちて球の強さがなくなった。練習が始まって体重が戻って来たら強さも出てきた」。新型コロナウイルス禍で体重が一時70キロまで落ち、直球の力強さとの相関性に気が付いた。
 「体重を増やしてみてどうなるか。目標は78キロ。もうちょっと太めの野菜になれるように頑張りたい。ゴボウくらいにはなりたいです」。目指すはリーグ4位からのごぼう抜き。チームの勝ち頭が太さを増し、優勝に導く。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ