本文へ移動

『ブザービーター』狙いも、リングに嫌われ…北陸が10年ぶりの決勝進出逃す【高校バスケ】

2020年12月28日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
仙台大明成と激闘を繰り広げる北陸の土家(JBA提供)

仙台大明成と激闘を繰り広げる北陸の土家(JBA提供)

 全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)の男子の準決勝が28日、東京体育館で行われ、北陸(福井)が58―60で仙台大明成(宮城)に競り負け、昨年と同じく4強で姿を消した
 北陸は優勝した2010年以来の決勝進出を逃した。第3Qまでリードを許すも、第4Qの序盤で逆転。しかし残り38秒で再びリードされ、最後はブザービーターを狙って0秒で放った土家の3点シュートもリングに嫌われた。土家は「逆転してからもっと積極的にアタックしていればとは思うけど、もう終わったこと。結果は負けたけど、やりきれた」とさっぱりとした表情で振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ