本文へ移動

逆転負けの光泉カトリック「相手のプレッシャーが上」東海大相模称える【高校ラグビー】

2020年12月28日 18時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、光泉カトリックは東海大相模有本(右)にトライを奪われる

後半、光泉カトリックは東海大相模有本(右)にトライを奪われる

◇28日 全国高校ラグビー大会1回戦 光泉カトリック3―24東海大相模(花園)
 第100回全国高校ラグビー大会は第2日の28日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で1回戦の残り16試合があり、昨年度初の16強入りを果たした光泉カトリック(滋賀)は、東海大相模(関東・神奈川)に逆転負けした。
 前半11分にスタンドオフ蔵内のPGで先制したものの、その後は相手のスピーディーな攻撃を食い止めきれず、3トライを奪われた。スクラムハーフの土永主将は「前半は自分たちのペースに持ち込めたけど…。相手のプレッシャーが上だった」と潔く話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ