本文へ移動

劇場版『鬼滅の刃』324.7億円でついに興収歴代1位!!『千と千尋の神隠し』の316.8億円を抜く

2020年12月28日 12時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のキービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のキービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 10月16日公開のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が28日、324億7889万5850円(観客動員2404万9907人)になったと配給元が発表。「千と千尋の神隠し」(興収316.8億円)を抜き、ついに歴代1位に立った。「鬼滅の刃」公式ツイッターなどが同日発表。公開から73日でようやく興収ランク1位の座を手にした。
 「劇場版『鬼滅―』」は、公開直後は1週間に約50億円ずつ興収を重ね、公開1カ月後から半減。だが、公開から2カ月ごろになっても映画業界で「ヒット」の目安基準といわれる「10億円」を1週間で維持。
 当初「千と千尋―」の興収は308億円とされていたが、今月15日に東宝が開いたラインアップ発表会見で今年の再上映分が上乗せされ、316.8億円に上方修正された。
 21日の発表時点で「劇場版『鬼滅』―」の興収は311.6億円を超えたが、歴代1位はお預けに。1週間越しでの悲願の到達となった。
 今後、年末年始で映画は書き入れ時を向かえ、1月1、2日には、動画配信サービス「ABEMA」にてTVアニメ「鬼滅の刃」の全話無料一挙配信も決定している。アニメが未見だった人を巻き込みながら、どこまで興収を伸ばせるかが今後の注目の的となりそうだ。
 漫画「鬼滅の刃」は、大正時代の日本を舞台に、心優しき少年・炭治郎(たんじろう)が鬼に家族を惨殺され、生き残ったが人食い鬼に変貌した妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、剣士になって闘う話。
 映画「劇場版ー」は7巻54話から8巻66話あたりを軸に作られ、乗客が次々行方不明になる『無限列車』で、鬼を倒す鬼殺隊のトップの1人で、炎柱の煉獄杏寿郎とともに炭治郎と同期の剣士が鬼に立ち向かうストーリー。
 ◇ ◇ ◇
 【国内の歴代興収ベスト5】(興行通信社調べ)
(1)劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 324.7億円(2020年)
(2)千と千尋の神隠し 316.8億円(2001年)
(3)タイタニック 262億円(1997年)
(4)アナと雪の女王 255億円(2014年)
(5)君の名は。 250.3億円(2016年)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ