本文へ移動

宮原知子、SP6位から巻き返し3位「やれることは思い切ってできた」納得の演技【フィギュア】

2020年12月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子フリーで演技する宮原知子(代表撮影)

女子フリーで演技する宮原知子(代表撮影)

◇27日 フィギュアスケート全日本選手権最終日 女子フリー(長野市ビッグハット)
 ショートプログラム(SP)6位の宮原知子(関大)がフリー3位と巻き返し、209・75点で3位に入った。SP首位の紀平梨花(トヨタ自動車)がフリーで4回転サルコーを初めて成功させて154・90点で1位となり、合計234・24点で2連覇した。SP2位の坂本花織(シスメックス)がフリー2位の150・31点で合計222・17点の2位となった。
  ◇  ◇  ◇
 今季初戦だった宮原知子(関大)がSP6位から巻き返して、合計209・75点の3位で表彰台に上がった。「小さな失敗はあったんですけど、やれることは思い切ってできた」と納得の演技に満足そうだ。緊張から萎縮してしまう精神面の弱さは、この日は払拭(ふっしょく)できたようで、フリー曲「トスカ」の壮大な世界に観客を引き込む演技を見せた。
 来季もこのプログラムを滑る予定で、「これまでと変わりなく、プログラムを1つの作品に仕上げていくことを重点的にしたい」。今後も成熟した滑りを追求していく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ