本文へ移動

【大相撲】初場所で綱とり挑む大関貴景勝「やれることやってゆっくり」メリハリの年末年始過ごす

2020年12月27日 17時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
貴景勝(日本相撲協会提供)

貴景勝(日本相撲協会提供)

 大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)で綱とりに挑む大関貴景勝(24)=常盤山=が部屋の稽古納めの27日、代表の取材に応じた。
 年始は3日から稽古を再開。それまで全体稽古はないが、「やることやってって感じです。毎日体の調子を見てやらないと」と自主トレは続ける考えだ。
 かといって、稽古のことだけを考えるのではなく、大みそかのボクシング、井岡一翔に田中恒成が挑む世界戦には注目。「楽しみですね、それは。日本人対決でしょ。楽しみですね」とテレビ観戦する予定でいる。
 「年末はやれることだけしっかりやって、ゆっくりできたらいいと思います。焦らず」とメリハリのきいた生活を送るつもりだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ