本文へ移動

宇野昌磨 羽生との差を痛感「それがうれしかった」“2歩先”にいる目標へ全日本フィギュアで再出発

2020年12月27日 05時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子フリーで演技する宇野昌磨(代表撮影)

男子フリーで演技する宇野昌磨(代表撮影)

◇26日 フィギュアスケート全日本選手権第2日・男子フリー(長野市ビッグハット)
 大会5連覇を狙った宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=は合計284・81点の2位だった。ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(26)=ANA=がフリー1位の215.83点をマーク。合計319.36点で5年ぶり5度目の優勝を果たし、来年3月開催予定の世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)の代表を内定させた。
 大会5連覇の偉業は成らなかった。それでも、宇野は悔しさを見せようとはしなかった。フリーの演技後には氷上でガッツポーズをして飛び跳ねた。そして、胸中にある素直な思いを口にした。
 「単純にうれしかったし、単純に楽しめた」
 最初に挑んだ2つの大技、サルコーとフリップの4回転ジャンプは成功させた。これで流れに乗るはずだった。しかし、3本目の4回転トーループが3回転になるミス。ただ、その後に大きく崩れることなく、最後まで自分らしく滑りきった。
 結果は合計284.81点の2位。2人後を滑った羽生を得点で上回ることができなかったが、コロナ禍の中で迎えた今季の初戦をどこか楽しむ気持ちがあった。そして、羽生とさらに競い合うという目標も生まれた。
 「あらためて自分の目標となる選手がすごく偉大な選手だと久々に同じ大会に出て痛感した。それがうれしかったので、また頑張ろうと思った」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ