本文へ移動

東山紀之が嵐5人へ“表彰状”「嵐にしやがれ」最終回 大先輩の温かいねぎらいに感謝の声が殺到

2020年12月26日 21時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本テレビ

日本テレビ

 今年で活動を休止するアイドルグループ嵐がMCを務める日テレ系のバラエティー番組「嵐にしやがれ」の最終回特番の生放送が26日に行われ、ジャニーズの大先輩である東山紀之(54)が、それぞれのメンバーに「表彰状」と題してメッセージを送った。
 東山は嵐とのトークコーナー「隠れ家ARASHI」に登場。デビュー当時から知る嵐との思い出話に花を咲かせたあと、嵐と「日本よいとこ摩訶不思議」をパフォーマンス。その後、嵐のメンバーに「表彰状」としてメッセージを読み上げた。大先輩からの粋なねぎらいのメッセージに、ファンはツイッターで「温かいねぎらいをありがとうございます」と東山への感謝の声が殺到、「東山さん」がトレンド入りした。
 嵐のメンバーに対する表彰状の内容は次の通り。
 櫻井翔(38)へ…「若いころにやんちゃをしていた時代を経てラップを作詞したり、キャスターや司会を務めたり、常に嵐のために将来の道を切り開いてきました。これからも新しい櫻井くんが見られることを期待しています」
 二宮和也(37)へ…「いつも冷静沈着、決して表には見せませんが、時に熱く、エンターテイナーとして最高のパフォーマンスを追い求める姿、本当に素晴らしいと思います。これからも見ている人を楽しませる最高のエンターテイナーでいてください」
 相葉雅紀(38)へ…「君の天真らんまんな笑顔、周りの人をひきつけてやまないその人間性がこれまでどれだけ他のメンバーを救ってきたことでしょう。これからも君らしく、輝き続けることを願います」
 松本潤(37)へ…「己にストイックで最高のパフォーマンスを追及している姿、本当に頭が下がります。嵐だけではなく、ジャニーズ全体に目を配り、君の飽くなき探求心は、他のグループや後輩たちに本当に刺激になっています。これからもその姿を見せてください」
 大野智(40)へ…「40歳、大野くん!リーダーらしいことはしていないと、いつも照れながら話しますが、君が背中で見せることで、メンバーが同じ方向を向き、嵐がここまでのグループに成長したんだと思います。やっぱり嵐のリーダーはあなたです。これまで本当にお疲れさまでした。本当にありがとう」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ