本文へ移動

宇野昌磨は惜しくも2位 派手なガッツポーズでフィニッシュ!! ミスがありながらも予定変更し4回転3種類4本で着氷【フィギュア】

2020年12月26日 21時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子フリーを終えガッツポーズする宇野昌磨(代表撮影)

男子フリーを終えガッツポーズする宇野昌磨(代表撮影)

  • 男子フリーを終えガッツポーズする宇野昌磨(代表撮影)
  • 男子フリーで演技する宇野昌磨(代表撮影)
◇26日 フィギュアスケート全日本選手権第2日 男子フリー(長野市ビッグハット)
 大会5連覇を狙ったSP3位の宇野昌磨(23)=トヨタ自動車、中京大=は22番目に登場。昨季までと同じフリー曲「ダンシング・オン・マイ・オウン」に乗った演技を披露し、演技後は派手なガッツポーズを披露した。得点はフリー190.59点、合計284.81点で羽生結弦に次いで2位だった。
 昨年の全日本選手権では組み込まなかった4回転サルコーを冒頭で決めると、次の4回転フリップも成功。続く4回転トーループが3回転になったが、中盤の4回転トーループを決めた直後、3回転サルコーと3回転トーループの予定を変えて4回転トーループを手をつきながら着氷し、1回転のトーループとの連続ジャンプにもした。細かいミスはあったが、全ての演技を終えると、派手なガッツポーズで喜びを表現した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ