本文へ移動

【フィギュア】3連覇目指す小松原美里・小松原尊組、リズムダンス首位 「また強くなれた」

2020年12月26日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイスダンスRDで演技する小松原美里(左)、小松原尊組(代表撮影)

アイスダンスRDで演技する小松原美里(左)、小松原尊組(代表撮影)

◇26日 フィギュアスケート全日本選手権第2日・アイスダンスのリズムダンス(長野市ビッグハット)
 大会3連覇を目指す小松原美里・小松原尊組(倉敷FSC)が、優勝したNHK杯よりも得点増の71・74点でリズムダンスで首位に立った。
 美里は「ノーミスの演技とは言えないが、終盤の演技で盛り上げられたのでまた強くなれた」と満足そう。日本国籍を取得して全日本出場を果たした尊は「最後まで表情をはっきり見せて踊れたので良かった」と納得の出来に笑顔を見せた。
 27日のフリーダンスでは「自分たちの技術をしっかり出して作品としてのプログラムをしっかり演技したい」と美里。それが出来れば、おのずと結果はついてくる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ