本文へ移動

【ロッテ】4年ぶりキャプテン制復活 中村奨吾抜てき…井口監督も信頼感「一回り二回りも大きく」

2020年12月26日 17時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・中村奨吾

ロッテ・中村奨吾

 ロッテは26日、来季でプロ7年目を迎える中村奨吾内野手(28)が来季のキャプテンに指名されたことを球団公式ツイッターで明かした。本人も「自覚を持ってチームを引っ張り、自分自身も圧倒的な数字を出したいです」と球団広報を通じてコメント。球団でのキャプテン制復活は2017年以来、4年ぶりとなる。
 井口監督も「奨吾にはチームの先頭に立って、存在感を見せて欲しいと思っています。責任感も強いし、いつもチームの事を最優先に考える自覚もあるので彼ならチームを引っ張ることができると思っています。まだまだ一回りも二回りも大きくなれる選手だし、本人もそうなりたいとつねに思っている。彼にキャプテンを任せることで新たに見えてくることや新たに芽生える気持ちもあると思います。来年、リーグ優勝をつかみ取るために奨吾には彼なりのスタイルでリーダーシップを発揮してもらいたいと思っています」との談話を発表した。
 中村奨は3年連続で全試合に出場し、今季は打率2割4割9厘、8本塁打、49打点。前キャプテンは2017年まで務めた鈴木大地内野手(現楽天)。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ