本文へ移動

【ソフトバンク】千賀滉大は1億円増の年俸4億円でサイン 1時間の交渉、米大リーグへの挑戦は?

2020年12月26日 15時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千賀滉大

千賀滉大

 ソフトバンクの千賀滉大投手(27)が26日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今年の3億円から1億円増の年俸4億円プラス出来高でサインした。
 1時間あまりの交渉後に記者会見した千賀は「中心となってしっかり投げてくれた、やるべきことをやってくれたと評価してもらった。一番長かったのは米国について(以前から希望していた米大リーグ挑戦)の話。希望を伝えたというか、去年と変わらず引き続きという感じ。(ポスティングやFAの資格など)その辺をいろいろと話した。来年もリーグ優勝、日本一に向けて頑張りたい」と話した。
 千賀は早ければ2022年中に国内FA権を取得する見込み。
 今季の千賀は、キャンプ中に右前腕部の違和感を感じた影響などで6月の開幕には間に合わなかったものの、18試合の登板で11勝6敗、防御率2・16と投手陣の柱として3年ぶりのリーグ優勝に貢献。5年連続2桁勝利を挙げ、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得した。日本シリーズでも第1戦で巨人・菅野との投げ合いを制し、4年連続日本一への流れをつくった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ