本文へ移動

中山大障害はメイショウダッサイが断然の1番人気に応え快勝!! 直線で豪快に差し切る

2020年12月26日 14時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中山大障害を制したメイショウダッサイの馬上でガッツポーズする森騎手

中山大障害を制したメイショウダッサイの馬上でガッツポーズする森騎手

◇第143回中山大障害(26日・JG1・中山・障4100メートル)
 師走の中山の風物詩、10レースに組まれた中山大障害は今年は16頭が集結。1番人気には10月の東京ハイジャンプを制したメイショウダッサイが支持された。道中は3番手前後をキープしていたメイショウダッサイは最後の直線でケンホファヴァルトを豪快に差し切り1着。断然の1番人気に応えた。2着には9番人気のケンホファヴァルト、3着には3番人気のタガノエスプレッソが入った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ