本文へ移動

【有馬記念】⑩カレンブーケドールは「予定通り、順調に仕上がった」国枝師は愛馬のG1制覇へ夢を膨らませる

2020年12月26日 14時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アーモンドアイ(左)を見つめるカレンブーケドール

アーモンドアイ(左)を見つめるカレンブーケドール

◇第65回有馬記念(G1・27日・中山・芝2500メートル)
 4歳牝馬のカレンブーケドールは美浦Aを1周後、坂路を1回(4F68秒2)軽く駆け上がった。最終調整を終えた国枝師は「予定通りだよ。順調に仕上がったし、馬体もいい感じ。いいレースを期待している」と笑顔で愛馬を見つめた。津村から代打男・池添に乗り替わった勝負のグランプリレース。念願のG1制覇へ夢を膨らませていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ