本文へ移動

<うちのどえりゃあ人> 日本画の新技法を考案した画家 山田雅哉さん(39)

2020年12月26日 05時00分 (12月26日 12時08分更新)
「今では伝統技法とされる日本画も、当時の最先端表現だった。そんな絵を描いていきたい」と話す山田さん=春日井市で

「今では伝統技法とされる日本画も、当時の最先端表現だった。そんな絵を描いていきたい」と話す山田さん=春日井市で

 日本画の絵の具が一番美しいと思う。岩絵の具は鉱石などを砕いて作られるため、「自然の持つ美しさがインスピレーションを与えてくれる」。だからこそ、日本画の表現を用いて絵を描く。二〇一五年には、「新案墨流し」「新案垂らし込み」という二つの日本画技法を新しく生み出した。これらを用いて作る作品は「日本画らしく」はない抽象画だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧